ノバルティスが日本でやっている3事業

ノバルティスが日本でやっている3事業

皆さんはノバルティスという機関を御存知でしょうか。スイスに本拠を構えており、世界中の病気で苦しんでいる・悩んでいる患者のニーズに対応するためのヘルスケアカンパニーです。より充実した健やかな毎日の為に日々新しい発想・確かな実績で医療に貢献しているカンパニーとなっています。

 

ノバルティスは日本にも法人を構えており3つの部門で事業を展開しています。それぞれの各分野で質の高い製品を提供するだけでなく、ノバルティスグループとしての連携やコンプライアンスを徹底して、日本の医療に貢献しています。

 

その一つ目ががんや循環器、眼科、皮膚などの幅広い疾患領域の医薬品を提供している事業となります。革新的な新薬を患者に1日でも早く届ける為に約30の開発プロジェクトが進んでいます。また開発した医薬品は臨床試験を行い、その結果データベースなどを用いて公表しています。また、開発だけでなく、医薬品の輸入や販売も手掛けています。

 

この他にもノバルティスには眼科領域における医療用薬品の販売の事業も行っています。こちらは「アルコンファーマ株式会社」といってノバルティスファーマの事業部と日本アルコンの医薬品事業本部が合併して誕生しました。双方の強みを生かし日本における眼科医薬品分野をリードしています。目に悩みを持つ患者に対して「見える喜び」を提供する事業となっています。

 

更には「サンド株式会社」ではオーソライズド・ジェネリックやバイオシミラーといった革新的なジェネリック医薬品の提供を行っています。オーソライズド・ジェネリックとは有効成分だけでなく、原薬・添加物・新薬と製造方法でAGと呼ばれています。飲んでいる薬は同じになりますがジェネリック医薬品となる為値段は安価で提供できるようになっています。ノバルティスグループのサンド株式会社も患者・医療に従事している人に「イノベーション」を届けるために日々事業を取り組んでいる会社です。ジェネリック医薬品市場を通す事で医療費の削減が可能になって薬剤への選択肢が増えるなど社会的な貢献度も大きいものとなっています。

 

日本のノバルティス主な事業は3つとなりますが、この他にもがん領域の研究や開発なども携わっています。スイス以外の国外でも拠点を構えています。デング熱等の今まで焦点が当てられなかった疾患を研究する施設がシンガポールにアメリカには創薬を目的とした疾病などのメカニズムを研究する施設などがあります。ノバルティスはこれからも患者様の為に日々、研究・開発を行い世界に貢献していくカンパニーとなっていくでしょう。